パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. スマスロ・スマパチ最新情報!スマート時代を大特集!
  4. スマスロの有利区間はどうなってるの? スマスロで万枚が続出する理由はこれ!

スマスロ・スマパチ最新情報!スマート時代を大特集!

スマスロ・スマパチ最新情報!スマート時代を大特集!

2022.11.30

スマスロの有利区間はどうなってるの? スマスロで万枚が続出する理由はこれ!

ラッシー ラッシー   スマスロ・スマパチ最新情報!スマート時代を大特集! パチンコパチスロ遊技林

11月21日のデビュー以降、連日SNSを賑わせている〝スマスロ〟。出玉性能が従来のメダル機と大きく違うせいか、SNSやパチンコ店のPOP・ポスターでは「有利区間撤廃」などといった書かれ方も散見されます。

でもそれは大きな間違い

はじめに結論を申しますと、スマスロにも有利区間は〝あります〟。無くなっていません! SNSでうっかり「スマスロには有利区間が無い」とでも書こうものなら、FF外から失礼されてフルボッコに……なんてもことも。

今回はそんな恥をかかないよう、スマスロの有利区間について優しく解説していきます。「読んでもよく分からないし、ゆっくり読んでいるヒマも無い」という方々のため、Q&A形式で超簡単に解説。

各項目の結論を読むだけでも概ね理解できるハズなので、難しいのが苦手な方にこそ目を通していただきたい内容となっております。補足は読みたい人だけ読めばOKで、読み飛ばしても構いません。では、さっそく本題から解説していきましょう!
 

2022年11月下旬の記事です
本記事は2022年11月26日現在を基準としています。ときが経てば法律(〇号機)や内規(〇.〇号機の小数点以下)も変わるので、ご理解・ご了承のうえご覧ください。


 

Q1:そもそも有利区間って何?

A:押し順ナビなどを出せる区間
 

過度に意識する必要ナシ
有利区間は押し順ナビなどを出せる区間。現代のパチスロは通常時もAT中も常時ほぼ有利区間中なので、特別意識する必要はありません。ちなみにART機の場合も同様です。
 

補足:少し難しい書き方をすると…
有利区間を難しく書くと「指示機能にかかわる性能を有することができる区間」などとなります。指示機能とは押し順ナビのことと解釈して構いません。よって有利区間=押し順ナビなどを出せる区間となるわけです。

補足:非有利区間
設定変更を行ったり枚数上限(後述)に到達すると、有利区間が途切れ非有利区間に移行します。既述の通り基本的には有利区間を意識する必要はありませんが、そういった途切れるポイントも存在するため「有利区間が無くなった」とは言えません。

ちなみに現代の機種は非有利区間中から有利区間へ超高確率で移行するため、非有利区間の滞在は概ね1~2G程度。「一瞬だけ有利区間が途切れる」といった感覚。ただし途切れた場合、ATのストックやナビ回数といった情報は原則的に次の有利区間へ引き継げません。

それでも非有利区間を跨いでATループが継続するシステムは存在します。詳細はQ6へ。

補足:非有利区間は短いほど望ましい
非有利区間からのAT(ART)当選もありますが、ほとんどの機種でレア役や確定役からの当選に限られます。対して有利区間中は弱レア役からの直撃もあれば、チャンスゾーンや引き戻しゾーンなど様々なルートから常時AT当選を期待できます。

プレイヤーからすれば非有利区間への滞在は短いほど望ましく、なるべく多彩なチャンスがある有利区間中であるほうが嬉しい……というわけです。


Q2:スマスロに有利区間はある?

A:あります!


「有利区間撤廃」は誤り
スマスロにも有利区間はあります! 詳細はあとで解説しますが、スマスロで撤廃されたのは有利区間の〝上限ゲーム数〟だけ。なので枚数上限はスマスロにも存在します。

スマスロの有利区間の詳細はQ5をご覧ください。
 

Q3:スマスロに〝〇号機〟ってないの?

A:スマスロも6.5号機


基本は従来の6.5号機と一緒
実はスマスロも6.5号機のうちの一つ。なので規則や有利区間の仕様は基本的にメダル機の6.5号機と一緒ですが、違いもあります⇒Q4へ。
 

Q4:メダル6.5号機とスマスロの違いは?

A:有利区間の上限ゲーム数が違う

6.5号機の有利区間_上限ゲーム数
項目 メダル機 スマスロ
同一有利区間内
上限ゲーム数
4,000G 制限

スマスロには上限ゲーム数がナイ
スマスロは枚数上限にさえ達しなければ、同一の有利区間内に1日中滞在することも可能(※)。これにより、いわゆる「穢れ(けがれ)」のような蓄積型のゲーム性も、メダル機より活かしやすくなります。
 

※ずっと同一有利区間とは限らない
AT終了時やAT非当選のボーナス終了時など、有利区間を途切れされるタイミング(契機)はメーカー側が機種ごとに任意で決められます。よって、枚数上限に達していないからといって、必ずしも同一有利区間内にずっと滞在しているとは限りません。


Q5:スマスロの有利区間の詳細は?

6.5号機の有利区間
項目 メダル機 スマスロ
同一有利区間内
枚数上限
差枚2,400枚
同一有利区間
上限ゲーム数
4,000G 無制限
有利区間ランプ 点灯・消灯は任意

スマスロの有利区間は…
枚数上限は6.5号機と同じく差枚2,400枚で、上限ゲーム数はナシ。有利区間ランプは任意とありますが、基本的には非搭載と思ってOK。
 

補足:MY2,400枚と差枚2,400枚の違い
上限がMY2,400枚の場合、一連で2,400枚以上に到達すれば有利区間終了。対して上限が差枚2,400枚の場合、2,400枚+投資分まで獲得可能。たとえば2,000枚を吸い込んでいたら、上限は4,400枚ということになる。

補足:有利区間ランプ非搭載の理由
メーカー側からすれば有利区間ランプを搭載するメリットがナイため、わざわざ搭載しないというのが現状。ただし、ゲーム性のためにあえて搭載する機種が出てくる可能性はゼロではない。


Q6:なんで万枚突破が可能なの?

A:有利区間が途切れています

例:投資2,000枚からの万枚突破イメージ

万枚突破イメージ

枚数上限は差枚2,400枚だが…
スマスロを含む6.5号機の枚数上限は差枚2,400枚。それなのに万枚突破などが可能なのは、一連で出ているように見えても、途中で有利区間が途切れているため。

途中で有利区間が途切れても、次の有利区間移行後が大チャンス()であれば、出玉増加区間が繋がって見えるわけです。つまり、何度か壁(非有利区間)を超えれば万枚突破も可能ということ。

※AT継続や強力な引き戻しゾーンなど
 

▲実際にコンプリート機能が発動したグラフ。大きな吸い込みはない


 

Q7:有利区間が途切れたタイミングは見抜ける?

A:基本的には分かりません
 

100%は見抜けない
事実上、6.4号機以降は有利区間ランプが存在しないため、有利区間が途切れたタイミングを外見から正確に察知する術はありません。ただし、上限である差枚2,400枚到達時はATなどが途切れるため分かるケースもあります。

また、「AT終了時に必ず途切れる」といった特徴を持つ機種もあるため、仕様を理解しておけば把握できるケースもあります。
 

補足:ちなみに…
ATなど出玉増加区間でランプが点く機種が出てくるかもしれませんが、それがAT終了時に消えたからといって有利区間が途切れたとは断定できません。やはり外見からは見抜けないと思っていいでしょう。

補足:確実に有利区間が切れるタイミング
①設定変更時
②枚数上限(差枚2,400枚)到達時


Q8:コンプリート機能が発動するとどうなるの?

A:その台は閉店まで稼働停止


閉店まで打ち止め
1日の営業内でMY19,000枚を獲得するとコンプリート機能(打ち止め)が発動。発動後は設定変更しない限り解除できません。原則的に営業中の設定変更は認められていないため、事実上、当日の再稼働は不可能となります。

自分の台で発動した場合は、店員さんを呼んで遊技終了となります。
 

補足:19,000枚獲得できるとは限らない
MY19,000枚のMYは、枚数が最も少ないときを基点として算出。なので--2,000枚が基点となれば、差枚17,000枚でコンプリート機能が発動する。

補足:コンプリートは嬉しい?
コンプリート機能が搭載された目的は、過度な射幸心を抑制するため。スマスロの登場で「コンプリート機能発動が目指すべき最高到達点」のような雰囲気になりつつありますが、これは本来目指すべき目標ではなく、あまりに出過ぎちゃうのを防ぐためのもの。

言うなれば止まらなくなった場合の保険や安全装置のようなものなので、コンプリート機能発動を前提とした出玉設計は、あまり好ましいとは言えないとの声もある。とはいえ、コンプリート機能発動はしばらくはプレイヤーの目標・憧れとなりそうだ。


Q9:今後の新台はすべてスマスロなの?

A:メダル機もまだまだ登場
 

しばらくメダル機と共存
2022年11月下旬現在、すでに導入予定の新台の名前が多数挙がっておりますが、そのほとんどがメダル機です。スマスロは12月上旬にリリース予定の「L HEY!エリートサラリーマン鏡PA4」くらい。よって、しばらくはメダル機とスマスロ共存の時代が続きます。

ちなみにこれから作る新台を必ずスマスロにしなければならないわけではないので、メダル機もまだまだ登場するハズです。ですが、これほどスマスロが話題になると、開発中のメダル機をスマスロ仕様に変更するメーカーも多いでしょう。

スマスロへの完全移行は、まだまだずっと先になると予想されます。
 

補足:型式名に「L」があればスマスロ
型式名の頭に「L」の文字があればスマスロである証拠。「S」なら6.5号機以前のメダル機と判断できます。ちなみに「L」はメダルレスの「レス」を意味しているそうな。


Q10:ノーマルタイプの獲得枚数は増える?

A:増えません
 

現行の6号機のまま
6号機ボーナスの最大払い出し枚数は300枚。1枚掛けで消化するとして、最大獲得枚数は280枚。これは内規ではなく法律により決まっているため、6.6号機のように小数点以下が変わったり、スマスロ仕様にしても変わりません。

よってメダルレスのノーマルタイプが出てきたとしても、ボーナス1回あたりの獲得枚数は現行の6号機ノーマルタイプと変わりません。『大人気ノーマル「道化師」シリーズ、遂にスマスロで初登場!!』となっても、ノーマルタイプである限り獲得出玉は従来機と大きく変わらないハズです。
 

あとがき

有利区間はありますが、ご紹介した通り有利区間が途切れてもATループ中や引き戻し時にシレッと次の有利区間が始まっているため、昔ほど有利区間を意識する必要はなくなりました。

ただ「有利区間が無くなったわけではない」ということだけは、パチスロ打ちとして覚えておきたいですね。

ちなみにATのループ(引き戻し)中にシレッと有利区間を途切れさせるアイディアは、6号機初期の『島漢』や『探偵オペラ ミルキィホームズ 1/2の奇跡』などでも採用されていました。

そういった開発陣の探求心やトライ&エラーの繰り返しが、現在のスマスロの礎となっているわけです。5.9号機から6号機前半は、いずれ暗黒期として語られるかもしれませんが、しっかり未来へバトンを繋いでくれたと言えるでしょう。

いずれ7号機スマスロも!?
重ね重ねになりますが、これは現状のスマスロが6.5号機であるだけで、いずれ6.6号機のスマスロ、6.7号機のスマスロ、7号機のスマスロ……ということもあるわけです。

スマスロも時代とともに進化していくことをお忘れなく。

 

4

42

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(2 件)

プロフィール画像
パチ7編集長
投稿日:2022/12/02
クナイさん
コンプリート発動していなければ、電源オンオフだけでクリアされるので基本的には翌日には引き継がれないです!
プロフィール画像
クナイ
投稿日:2022/11/30
宵越しでコンプリート機能が発動することはないのだろうか?
設定変更しないと宵越しになりそうだが?

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報